プリザーブドフラワーとは

プリザーブドフラワーは、フランスではじまりヨーロッパ中に広まり、今では日本でも…そして世界で愛されています。

新しい素材のお花です。植物の樹液を有機保存液に置き換えるという特別な技術が使われており、
花の組織を完全に保ちながら、脱水・浸透・排水・乾燥の4段階を経て完成します。生花のようにみずみずしく、
風合いを長期間保つことができる秘密は、ここにあります。
使用される薬品や着色料は、オーガニックなものや人体・環境に影響のないものを使っており安全で安心です。

プリザーブドフラワーのいいところは、お水をあげなくても枯れないところです☆
長期間家を空けることがあっても枯れません。そして、虫も付きません。なんといっても、
長い期間楽しめるところが良いですね。高温多湿を避け、ほこりなどに気をつけていれば、3年以上美しさを保ってくれるんですよ…♪
また、生花ではなかなか改良が難しいと言われているブルーローズ。海のように深い青だってプリザーブドフラワーにはあるのです!
初めは私も驚きました。チョコレートのような茶色、アンティーク雑貨にもできちゃうような真っ黒のローズなんかもあるんですよ☆

※こちらのショップでは、特別加工が施されたものを仕入れてアレンジしております。